2011年02月23日

ししおどしの作り方

日本庭園にはししおどしがあった方が良いと思います。漢字では「鹿威し」と書くようです。イメージでは、竹を切って、セッティングして、その下に石をおいて、水を流れるようにして、水がたまったら”カンっ”って感じですよね。そもそもの目的は農業の鳥獣被害を少なくするために作ったようです。現代ではその役目は終わっていると思いますけれど。今はそれにしても鳥獣被害が多くなっておりますね。ほんと大変です。特に山間の農家は。ししおどしですが、今は水道をひいたらけっこう簡単にできますね。どんどん挑戦しよう!
posted by にわ at 07:05| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。